FC2ブログ

PCゲームやるならこのデバイス!

--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
あまり知られていないSteamのトレーディングカードシステム
これを使えば、多少なりともウォレットを入手できてそれを使ってSteamで買い物も出来るのです
やらなくてもいいけど、やれば多少お得!

知りたい方は【続きを読む】からどうぞ
まず、トレーディング機能ってなんぞ?ってことなんですが
トレカ集めてバッジ作ってSteamのレベルを上げようぜ!上げたらなんか特典あるかもよ!
ってシステムです
レベルについては後述します

では、どうやったらカードがドロップするのか
それは・・・・・・
カードシステム対応のゲームを遊ぶことです

厳密にいえば起動してるだけでもOKです
ただし、多重起動ではドロップしません、昔はドロップしたのですが現在では対策されました
ドロップしたカードはインベントリに追加されてます
(Free to Playのゲームに関しては規定金額をゲーム内課金しないとドロップしませんのでご注意を)

ここで自分の持ってるゲームがカード対応してるのかどうか判らない!って人も多いかと思います
そういった場合は自分のユーザー名の項目をクリックし、バッジを選んで開けば画像のような
画面になります
Steamカード解説
ここでは自分が持っているカード対応ゲームが表示され、直接起動も可能になっています

さて、バッジ画面に残りカード枚数というのがありますね
Spevtraballの残りカードドロップ枚数が1になってます
そして右側に【7枚中2枚のカードを獲得】と見えますね
全7種なのに全部で3枚?なんで?と思った人、偉い!
そうなのです、このシステム

種類数の半分の枚数しかドロップしません

しかも、ドロップするカードが被ることもあります

ようするに全7種中3枚ドロップさせたは良いけど3枚とも被っちゃいました、なんてこともあるわけです
そもそも被らなくても、あとの4種類がないとバッジがクラフトできません
じゃあどうやって入手するの?ってことですが、手段としてはトレードとマーケットがあります

あと、カードを全てドロップし終えるとブースターパックと呼ばれるものが稀にインベントリに追加されます
これはカードが3枚入ったパックです。これを待つというのもありかもしれませんが正直現実的じゃないです。
それ程にブースターパックはドロップしません

トレードはインベントリにあるトレードできる物をフレンド同士でできる機能です。
もちろんインベントリにあればゲームもトレードできちゃいます
この辺については割愛します、あとで記事で書くかも?

マーケットとはSteam内アイテムや、対応ゲーム内アイテムの一部を出品しSteamウォレットで取引できる機能です
コミュニティからマーケットを選べばマーケット内で売られてる物が見えます


このマーケットから足りない分を買ってカードを揃えるというのが一番手っ取り早いです
なのでみんなマーケットで取引をするわけです

マーケットはSteamウォレットでしか取引できません、Steamからウォレットを買うか
最近できたProスチーマーというところでウォレットコードを購入できますのそちらから入手しましょう
個人的にはSteamからの直接購入をオススメします、アカウント詳細から買えます
(Proスチーマーはコンビニ決済できるそうですがちょっと手数料が高い様な気がします)

全種揃えてバッジクラフトしたい人はウォレット購入してマーケットでカード購入、これでOK
バッジクラフトはさっきのバッジページから作れるので早速作っちゃいましょう
クラフトするとSteamチャットやアクティビティのコメントで使えるアイコンとプロフィールで使える壁紙、指定ゲームの割引クーポン1枚が貰えちゃいます!
それとレベル上げに必要なXPもたまっていきます!
これで貴方も駆け出しスチーマーです!






さて、頭のいい貴方なら気が付いたはずです
カード買えるって事は売れるって事か!と
そうです、売れるのです!

コモンカードが一枚10セント~で売れます
各カードにはキラと呼ばれるレアカードも存在します
こちらは流通量に応じて相場が変動するのでその時の相場次第です
ブースターパックもパックのまま売れます、キラ狙いで開封してもいいですが私は見たことありません

アイコンや壁紙も売れます、こちらは5セントとかですがレアアイコン、レア壁紙というレアカードのみでバッジクラフトした場合に出るアイコンもあります、そちらは少しだけ高いようです
稀に50ドル以上するレア壁紙もありますが…

売り方は簡単、インベントリからカードを選ぶと【販売】ボタンがありますのでそれをクリック
すると相場グラフといくらで売るか入力する画面がでてきますのでそこに売りたい値段を入力
(左と右の額が違うのは手数料分上乗せされてるからです)
利用規約に同意してOKをクリック
これだけでマーケットに出品されます。このとき売りに出せないようなら一度Steamを再起動してみれば
売りに出せます、それでもダメならなにかが原因で制限かかってます。原因を取り除きましょう


最後に、マーケットには200出品で制限がかかります(近くなるとマーケットに表示されます)
アメリカの税法の話なので日本の居住してる限り関係はありません
住所等入力するフォームに飛ばされると思うのでそちらに必要事項を記入してください
VPN購入等してなければそのままマーケット使用できるはずです(問題なくても解除が遅い場合があるそうです)

それでは、良いマーケットライフを!
スポンサーサイト

2013/11/25 14:28 [edit]

category: Steam

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mosaoo.blog.fc2.com/tb.php/3-58bbe701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

日本アマゾンで買える(高い)Steamゲーム

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本日ゲイブに謙譲したPizzaの数

Steamerカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブログランキング

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。